PMSが求められる背景

政府の一億総活躍社会実現に向けた施策の1つに位置付けられている「働き方改革」。

一億総活躍社会―少子高齢化が進む中でも「50年後も人口1億人を維持し、職場・家庭・地域で誰しもが活躍できる社会」

最近では、至るところでこの「働き方改革」という言葉を耳にするようになりました。
耳にはするけれど企業として、何をどのように改革していけばよいのかよくわからないという声もあるようです。

厚生労働省のHPには、次のように書かれています。

「働き方改革」の目指すもの
  • 我が国は、「少子高齢化に伴う生産年齢人口の減少」「育児や介護との両立など、働く方のニーズの多様化」などの状況に直面しています。
  • こうした中、投資やイノベーションによる生産性向上とともに、就業機会の拡大や意欲・能力を存分に発揮できる環境を作ることが重要な課題になっています。
「働き方改革」は、この課題の解決のため、働く方の置かれた個々の事情に応じ、多様な働き方を選択できる社会を実現し、働く方一人ひとりがより良い将来の展望を持てるようにすることを目指しています。

働き方改革をひと言で説明するなら、「一億総活躍社会の実現のための改革」。

労働力不足を解消し、一億総活躍社会を作るために、●労働人口を増やす、●出生率の上昇、●労働生産性の向上を図らなくてはならないのです。

人口減少が著しい日本社会において、人口問題改善のために、個人ができること、企業・団体等ができること、国ができることを模索しなくてはなりません。

それぞれ置かれている立場で「働き方改革の目的」を理解し、取り組まなくてはならないと考えます。

私ども「パーソナルマインドサポート」では、厚生労働省が掲げている

働く方の置かれた個々の事情に応じ、多様な働き方を選択できる社会を実現し、働く方一人ひとりがより良い将来の展望を持てるようにする

この部分について、これまでのカウンセリング等で培ってきたノウハウを提供させて頂き、「企業が従業員のためにできること」をさまざまな視点からサポートさせて頂くサービスをスタート致しました。

従業員のコンディションは、「仕事」の環境のみで測ることはできません。
「プライベート」が大きく左右しているのです。
個人が抱えている悩みや問題を改善・解決することにより「仕事」と「プライベート」が充実してきます。
その充実が、最終的には一億総活躍社会を創っていくのだと確信しています。

まずは、企業が従業員一人ひとりのマインドを大切にし、安定した精神で仕事に取り組める環境を作ることが働き方改革の一歩となるのではないでしょうか。